わきが=汚いは間違い。上手くわきがと付き合えば大丈夫。

私、現在27歳の専業主婦ですが、きっかけは小学4年生。
初めは時々周囲が臭うなと思い、自分のわきが臭っていることには気付かずに居ましたがある日母親に「もしかしてあなたわきがじゃないの?なんか臭い!耳垢もベタベタだし。」と言われ、自分のわきを嗅いでみると独特な臭いがし、そこで初めてあの臭いが自分のわきから発されている事と自分が「わきが」である事を知りました。

 

わきがは悪いことでは無い。

自分がわきがだと気付き悪臭を発している事に気付いてから、何故自分はわきがなのか。どうして臭ってしまうのかを日々悩むようになりました。
入浴の際はそれまでも丁寧に洗って居ましたが、悪臭に気付いてからはより丁寧に洗ってみたりしても時間が経つと臭い出し、原因もわからなかったので調べてみると
汗腺に菌が溜まりやすいことと手術で無ければ治すことは出来ないことを知り、何も不潔な訳では無くて生まれつきのものなのだと知って治すことは容易では無いことに落胆したと同時に「自分は不潔なのかも知れない」という思いから解放され安心しました。

 

悪臭を防ぐ日々と悪臭からの解放

それから毎日如何に臭いを防ぐ為に試行錯誤を繰り返して居ると服の素材で臭ったり臭わなかったりすることにも気付きました。
ニットを一枚で着たり通気性の悪い素材を着ていると決まって臭いが出ることから通気性の良い素材の服を選ぶようになり、そうしたら臭いが出ない日もありました。
それと多汗症なのもありそれも原因かと思いなるべく汗をかかないように水分を極力とらないようにしましたがそれは逆効果で汗をおさえれば余計に悪臭が出るので今度は汗を気にせずに水分を取るようにしました。
毎日試行錯誤して居るのを気にして母親がある日市販の制汗剤を複数購入して来てくれたのをきっかけに、色んな種類の制汗剤を試していると、制汗剤の効能に「わきが」と書いてある物があることに気付き早速試してみることに。
結果、「わきが」の効能付きの制汗剤を使用した日は全然臭いがしなくなり、それから悪臭の悩みから漸く解放されました。

 

わきがとの付き合い

何年になるでしょう…現在もわきがとは深い付き合いですが、春夏秋冬毎日制汗剤を持ち歩き冬でも欠かせません。特に冬のわきがは厄介で臭いやすいので冬こそ闘いです。
今では誰に対してもわきがを隠す事なく面白おかしく公表して居ますが、そうすることによってわきがイコール汚い人というイメージが変わったと周りも言います。
毎日のケアもあり1度もわきがの臭いがしたことが無いから信じられないという言葉や冗談でしょ?という言葉を貰います。
公表するに至ったのは友人の他人に対する「あの子ってわきがの臭いするよねー!まじ汚いしきもーい!」と言う言葉を聞いてからでした。
その言葉を聞いたときに、わきがの人間は好き好んでわきがになった訳では無くて生まれつきのもので悩んでいるのに!と、とても不愉快な気持ちになったのでその時に友人に「私もわきがだよ」と公表をしました。
信じられない!という友人に対して経緯を話しましたがそれでも信じない友人に対して、敢えて臭ってしまった時に「今ちょーわきが臭いから、嗅ぐ?」とふざけて嗅がせ、漸く信じて貰えたと同時に友人もわきがに対しての嫌悪感が消えたようで何だか受け入れて貰えたのがとても嬉しく思い、もっとたくさんの人に知って貰えたらと思ったのから今に至ります。
それからというもの、わきがに執着することも無くなり気付いた事があります。
緊張感や気にしすぎているとケアをしていても時々わきが臭うのです。
ですがケアを忘れてしまった日でも気にして居ないと一日臭わない日もあることから、何らかの心の状態も身体に伝わり悪臭を放つということにも気付きました。
それからというもの、臭ってもいいやくらいの気持ちでケアも状況によりにするようになったのですが不思議とそれでも臭わなくなりました。
時々は臭ってしまい、急いで制汗剤を使用する時もありますが。
ですが気を楽にし気にしすぎない、そして適度なケアが何よりものわきが抑制になると今では思い全く負い目を感じてはおりません。
これからもわきがとは仲良く付き合って行こうと今は前向きに思って居ます。