子供におすすめのわきが対策は?

わきがは20代や30代といった大人だけが悩まされる症状ではなく、思春期を迎える子供にも引き起こされることがあります。

 

わきがの根本的な原因となるアポクリン汗腺は思春期に成長・活性化するため、小学校低学年や中学生といった子供でも対策が必要なのです。

 

もちろん、わきがはあくまでも個人の体質だと考えられており、命の危険に晒されるような病気ではないので絶対に対策すべきというわけではありません。

 

それでも、小さな子供の場合は以下のような問題に発展する可能性があります。

 

  • 臭いで学校の友達からイジめられる
  • 馬鹿にされたことがきっかけで登校拒否に陥る
  • トラウマになって人間不信に陥る

 

思春期は親御さんが考えている以上に多感な時期で、些細なことで精神的なストレスが溜まりやすいのです。

 

わきがの症状が引き金になるケースも意外と多いため、正しい対策で臭いを和らげる工夫をした方が良い理由はお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

わきが体質は親から受け継がれやすい要素の一つとなっており、その確率は50%~80%程度だと考えられています。

 

母親か父親がわきが体質⇒50%程度で遺伝する
母親と父親の両方がわきが体質⇒80%以上で遺伝する

 

遺伝によって皮膚の内部に存在しているアポクリン汗腺の量が受け継がれ、身体が子供から大人へと変わっていく第二次性徴時に活性化するので臭いが発生しやすいというメカニズムです。

 

そこで、子供のわきがを対策するにはネット通販で購入できる薬用クリームが適しています。

 

毎日の歯磨きと同じような感覚で脇の下へと塗布するだけですし、同時にお風呂で丁寧に洗って清潔さを維持していれば臭いを抑えられるのです。

 

当サイトでご紹介しているクリームのクリアネオは事前にパッチテストが行われており、金属アレルギーやアルコールアレルギーなど皮膚刺激は認められなかったので、デリケートな肌質の子供のわきが対策として一度使ってみてください。

 

<<クリアネオはこちら>>

 

子供のわきが治療として手術はどうなの?

 

子供に限らず大人にも該当する話ですが、デオドラント剤はわきがによる臭いを抑えるのが一番の目的なので、体質を根本的に変えるには手術を受けるしかありません。

 

現在では以下のような治療がクリニックでは実施されており、子供でも受けられるほど安全性は高くなりました。

 

ミラドライ:電磁波を脇の下に照射してアポクリン汗腺を除去する
ボトックス注射:製剤を脇の下から注入して脇汗の分泌を抑える
レーザー治療:脇の下からレーザーを照射して汗腺を燃やす

 

どれも皮膚を切らない施術なので負担は少ないものの、未成年のわきが手術はあまりおすすめされていません。

 

それは、手術で根本的な原因となるアポクリン汗腺を除去しても、成長によって徐々に復活してわきがが再発するリスクがあるからです。

 

メスを使わない方法ならば傷跡や後遺症のリスクは少ないかもしれませんが、大人になってから同じ手術を受けなければならなくなるので焦って病院へと駆け込まないようにしてください。